第一子長女ちゃんは抑えておきたい依存と甘えの違い①カウンセリングご感想

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のカウンセラー・さいとうまいこです。

初めましての方はこちらのプロフィールを
読んでいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
さいとうまいこってこんな人

兄弟・姉妹の構成が人格に与える影響って、少なからずありますよね。

私自身は、下に2人の妹がいる3姉妹の長女です。
どちらかと言うと甘え下手。
人の助けを借りたり上手に甘えたりすることが、つい最近まで本当に苦手でした。
代わりに「勉強」とか「努力」とかは、つい張り切ってやってしまいます。

これは傾向として、第一子かつ長女の人に多いです。
幼少期に「お姉ちゃんだから」という理由で我慢を強いられたり、助けてほしいときに必要なサポートをしてもらえなかったり…といった経験。
頑張り屋さんの第一子・長女ちゃんたちは、それらの経験を通して
「我慢は美徳」
「人に頼っちゃダメ」
「自分で何とかしなきゃ」

といった考えを潜在意識に刷り込んでしまいます。

今回、肯認学に基づくカウンセリングを受けてくださった方も、第一子・長女の頑張り屋さんタイプ。
ご感想&掲載許可を頂きましたので、ご紹介します。

S様 経営者 女性

カウンセリングの前は何をするか分からなくてピンと来ていませんでしたが、カウンセリングでまいこさんが丸裸にしてくれました!
心の奥にある、本当に不安に思っていることを掘り返す作業は、自分ひとりではできなかったと思います。
お金の扱い方、人との接し方を意識して、これからも時速300キロで私らしく走って行きます!(笑)
とても貴重な体験でした。
ありがとうございました。

Sさん、ありがとうございます♡

頑張り屋さんのSさんは、物事を前に進めようとする時、つい自分一人で頑張ってしまいがちでした。
(一人でやってもできる能力のある人だから、余計にね…。)

でも、周りの人やSさんを取り巻く世界は、Sさんを応援したくてたまらないのです。

その応援を上手に受け取るためにはどうすれば良いのか?

それは、心の状態を次のようにしておくこと。

✓私はステキだ
✓私は応援されている
✓周りの人は私のことが好きでたまらない
✓世界は優しい

✓世界は私の味方だ

私たちが、一人でできることなんて限られています。

望む未来に進もうとするとき、自分だけの力で何とかしようなんて思わないこと。
周りの人や環境に、上手に甘えましょう。

一点だけ、「甘え」と「依存」についてお話しておきます。

Sさんは「依存」することに対してすごく抵抗感を持っていました。
誰かに甘えること・助けてもらうことは、「依存」に繋がるのではないのか。
私も「自立」をテーマに今までの人生を生きてきたので、「依存」に対する抵抗感ってよーく分かります!

でも!でもですね。
「甘えること」と「依存すること」は、似ているようで別なんです。

甘える
人の行為、親切を遠慮なく受け入れる

大辞林

依存する
他のものにたよって成立・存在すること

大辞林

ねっ?
違うでしょ??

自立と甘えは両立できます。

自立していながら、人の行為や親切を受け取ることってできるんです。

では、「甘え」と「依存」を区別する方法ってあるのでしょうか?
これを抑えておくと、甘え上手・受け取り上手になれます♡

ちょっと長くなりましたので、続きは次の記事でお話しますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

さいとうまいこ

タイトルとURLをコピーしました