第一子長女ちゃんは抑えておきたい依存と甘えの違い①カウンセリングご感想

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のカウンセラー・さいとうまいこです。

初めましての方はこちらのプロフィールを
読んでいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
さいとうまいこってこんな人

兄弟・姉妹の構成が人格に与える影響って、少なからずありますよね。

私自身は、下に2人の妹がいる3姉妹の長女です。
どちらかと言うと甘え下手。
人の助けを借りたり上手に甘えたりすることが、つい最近まで本当に苦手でした。
代わりに「勉強」とか「努力」とかは、つい張り切ってやってしまいます。

これは傾向として、第一子かつ長女の人に多いです。
幼少期に「お姉ちゃんだから」という理由で我慢を強いられたり、助けてほしいときに必要なサポートをしてもらえなかったり…といった経験。
頑張り屋さんの第一子・長女ちゃんたちは、それらの経験を通して
「我慢は美徳」
「人に頼っちゃダメ」
「自分で何とかしなきゃ」

といった考えを潜在意識に刷り込んでしまいます。

今回、肯認学に基づくカウンセリングを受けてくださった方も、第一子・長女の頑張り屋さんタイプ。
ご感想&掲載許可を頂きましたので、ご紹介します。

S様 経営者 女性

カウンセリングの前は何をするか分からなくてピンと来ていませんでしたが、カウンセリングでまいこさんが丸裸にしてくれました!
心の奥にある、本当に不安に思っていることを掘り返す作業は、自分ひとりではできなかったと思います。
お金の扱い方、人との接し方を意識して、これからも時速300キロで私らしく走って行きます!(笑)
とても貴重な体験でした。
ありがとうございました。

Sさん、ありがとうございます♡

頑張り屋さんのSさんは、物事を前に進めようとする時、つい自分一人で頑張ってしまいがちでした。
(一人でやってもできる能力のある人だから、余計にね…。)

でも、周りの人やSさんを取り巻く世界は、Sさんを応援したくてたまらないのです。

その応援を上手に受け取るためにはどうすれば良いのか?

それは、心の状態を次のようにしておくこと。

✓私はステキだ
✓私は応援されている
✓周りの人は私のことが好きでたまらない
✓世界は優しい

✓世界は私の味方だ

私たちが、一人でできることなんて限られています。

望む未来に進もうとするとき、自分だけの力で何とかしようなんて思わないこと。
周りの人や環境に、上手に甘えましょう。

一点だけ、「甘え」と「依存」についてお話しておきます。

Sさんは「依存」することに対してすごく抵抗感を持っていました。
誰かに甘えること・助けてもらうことは、「依存」に繋がるのではないのか。
私も「自立」をテーマに今までの人生を生きてきたので、「依存」に対する抵抗感ってよーく分かります!

でも!でもですね。
「甘えること」と「依存すること」は、似ているようで別なんです。

甘える
人の行為、親切を遠慮なく受け入れる

大辞林

依存する
他のものにたよって成立・存在すること

大辞林

ねっ?
違うでしょ??

自立と甘えは両立できます。

自立していながら、人の行為や親切を受け取ることってできるんです。

では、「甘え」と「依存」を区別する方法ってあるのでしょうか?
これを抑えておくと、甘え上手・受け取り上手になれます♡

ちょっと長くなりましたので、続きは次の記事でお話しますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

さいとうまいこ

まいちゃん

愛とお金のコンサルタント
目覚めてるママ

▷肯認学(こうにんがく)認定講師
▷資産構築アドバイザー
▷マネー講師
▷投資家
▷ファイナンシャルプランナー

▶コンセプト
この世界のホントとウソを賢く見抜き、希望ある未来に向かって人任せにせず自ら行動し、自分らしさと豊かさを追求する愛と勇気ある女性のためのブログです。

▶理念・目的
「夫婦関係の悩み」と「お金の不安」から解放され、自分らしく豊かに生きる女性を増やします。

▶専門分野
▷パートナーシップ・夫婦問題(夫にイライラ、セックスレス、浮気、不倫、コミュニケーション等)
▷金運アップ、資産構築

・・・・・

◆2010年
 7年の交際期間を経て、結婚♡
◆2011年
 長女誕生
◆2013年
 次女誕生

長女のイヤイヤ期がはじまった2012年頃、子育て暗黒期へと突入。
子どもたちにきつく接する「ガミガミ母さん」に豹変。
自己嫌悪の日々。

同時期、夫婦関係も急激に悪化。
「幸せな愛され妻」から一転、「鬼嫁」となる。

ワンオペ育児でさらに夫へのイライラが募り、
夫婦ゲンカが絶えなくなる。
夫は帰宅不安症に。

夫から
「まいちゃんは鬼嫁(おによめ※1)じゃない。嫁鬼(よめおに※2)だ。」
と言われたのもこの頃。

※1.鬼嫁(おによめ…鬼のような嫁。かろうじて人間。)
※2.嫁鬼(よめおに…嫁のような鬼。もはや人間ではない。)

◆2014年~
「夫との関係も母としてのわたしも、このままじゃダメだ!幸せになりたい!」と、一念発起。
育児書や心理学の本を読みあさり、子育てセミナーにも積極的に参加。
向き合うべきは「夫」でも「子ども」でもなく、「じぶん自身」であることを知る。

心の仕組みを学び、過去を癒し、自分を整え、言葉と行動を変えるトレーニングを続けたところ、
夫婦関係と親子関係が徐々に改善。

「ガミガミ母さん」から「ニコニコ母さん」へ。
「嫁鬼」から「世界一の愛され妻♡」へと、華麗なる変身を遂げる。

◆2016年
公務員を辞め、自身の投資スキルと経験を活かし、資産構築アドバイザーとして起業。
東京→鳥取へ移住。

これまで300名以上の方へ資産構築の必要性と具体策をアドバイスしてきた。

多くの相談者の方々と接するなかで、お金とうまく付き合うためには
「お金の教養」だけでは足りず、「マインド」こそが重要で、お金と上手く付き合えるかどうかを決定づける大切な要素であることに気づく。

◆2019年
鳥取→福岡へ移住。

◆2020年
自分らしく豊かな人生を送るために必要な「マインド」と「お金の教養」。
この2つを同時に高めてクライアントの人生全体を底上げするコンサルタントになることを決意。

幸せになるための生命力を取り戻す「肯認学(こうにんがく)」を学び、
肯認学認定講師として活動を開始。

また、同時期の
◆2020年春
コロナ禍において、メディアのウソとこの世界の真実に目覚める。
(コロナより、おもち詰まらせて亡くなる人のほうが多いやん…( ゚Д゚)!と。)

コロナで浮き彫りになった「ホント」と「ウソ」。
「目覚める人」と「いつまでも気づかない人」。

この世界のとらえ方の違いによりパートナーシップに生じたひずみに悩む女性たちのお役に立ちたいと、「オンライン相談室」を通じて自分らしく豊かに生きる「愛され妻マインド」を養っている。

趣味:テニス、温泉
好き:いちご、生姜、味噌、パクチー、日本酒、夫♡

まいちゃんをフォローする
カウンセリングご感想
まいちゃんをフォローする
まいこログ
タイトルとURLをコピーしました