夫のボーナスと査定のはなし

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のカウンセラー・さいとうまいこです。

初めましての方はこちらのプロフィールを
読んでいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
さいとうまいこってこんな人

12月ですねー。
12月といえば、ボーナスの時期♪

組織に属して働くのをやめた私には無関係ですが、夫が昨日
「人事査定で高評価をもらったよ!ボーナスにも反映されるんだってー(^^)」
とニコニコで帰宅し、
「おぉ!世間はそんな時期かー。」
と、師走を実感しました。

約5年前に東京→鳥取へ、そして約1年前に鳥取→福岡へと移住して今に至る、私たち家族。
その度に分断されてきた夫のキャリア。
(移住はもちろん私が言い出しっぺ。夫よ…なんかごめんね♡)

なので彼が福岡でご縁のあった会社でやりがいを持って働いていて、しかも上司からの評価もついてきて…という今の状況は、本当にありがたいことだなぁと感じています。

で、ですね!
本題はここから。

人事査定の結果を聞くため社員全員にトップとの面談の時間が設けられるそうなんですが、この面談時間が2~3分程度の人もいれば長くて10分くらいの人もいたりと、まちまちだったとか。

彼の場合は2~3分くらいかけて評価を聞いた後、
「質問や言っておきたいことはありますか?」
とトップに聞かれ、それに対して組織の気になる点や改善案などを話したのでトータル10分くらいの面談時間だったそうです。

私が「なるほど~」と思ったのは、面談時間が短かった同僚に対する彼の考え。
 ↓

夫

たぶん『質問や言いたいことは?』って聞かれて『特にないです。』で終わったから短かったんだと思うんだよね。
でも、トップと一対一で話ができる貴重な機会をそれで終わらせたらもったいなくない?自分をアピールできるチャンスなのに。

まいこ
まいこ

その考え、素晴らしいしその通りだと思う~!
そういうところホント尊敬するよ~♡

私も会社員&公務員時代には人事査定&上司との面談があったけれど、そして言いたいことは言ってきたけれど、「自己アピールの場」として活用するという意識はなかったな…。
(すでに評価が出てるしね。次の評価は半年後だし上司が変わるかもしれないし…。←言い訳)

組織に属している場合でもそうでない働き方をしていても、上司やビジネスパートナーなど自分にとってキーマンとなる人との時間はもっと意識的に大切にしよう!
夫を見習って。

そう思いました。

考えたら色々できそうですよね。

✓自分をアピールする
✓自分が役に立てることはないかな?と、相手のニーズを探す
✓価値を提供する
✓感謝の気持ちを伝える
✓相手を喜ばせる

…などなど。

あなたもぜひ、キーマンとなる人との時間は意識して効果的な働きかけをしてみてください。
きっと良いことあるはず♡

この話、別の角度からもお伝えしたいことがあるので、それはまた次の記事で書きますね。

それではまた!

さいとうまいこ

※このブログはメルマガよりも少し遅れて掲載しています。
メルマガ限定記事、メルマガ読者さんだけの限定案内、最新情報等を受け取りたい場合はこちらから、公式メルマガにご登録ください。
 ↓

タイトルとURLをコピーしました