ワクチン3回目、母の幸せ、課題の分離

ーーー募集中ーーー
【目覚めてるママのための♡
 オンラインお茶会】
3/9(水)10:00~11:30
詳細・お申込みはこちら
https://resast.jp/events/669074
ーーーーーーーーー

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のコンサルタント・まいちゃんです。

初めましての方へ
わたしのプロフィールはこちら
↓ ↓ ↓
まいちゃんってこんな人

3回目のワクチン接種が始まっていますね。

あなたの身近にも、「もう打ったよー」っていう人がいるかもしれません。

ちなみに、わたしの周りにはいません。

わたしが

「ワクチンこわい。
わたしも夫も子どもたちも打ちません!」

…って立場をオープンにしてるので、わざわざわたしに「打ったよー」なんて報告、してこないわけです。

両親も、もう打ってるかも。
(2回目接種済みのところまでは確認済み。)

3回目どうするのかはわたしからは聞いていないし、向こうからも言ってこないので、実際のところは不明です。

本人たちが決めることだから、どっちでも良い

というのが、今のわたしのホンネです。

絶望でもなく、
諦めでもなく、
投げやりでもなく、

何というか…
「悟り」(?)のような心境から、

「打ちたい人は3回でも4回でも打ったら良いやん。
あなたの人生だから。」

…と、大切な人に対しても、そんなふうに思うようになりました。

半年くらい前までは、全っ然、違いましたよ。

「お願いだから気づいて~!」
「それダメなやつだから~!」

…と、どうしても気づいてほしくて必死だった。

特に、大好きな母に対しては。

母もそんなわたしの訴えをくんでくれて、予約済みだった1回目のワクチンをいったんキャンセルして、
「教えてくれてる情報も見てみるね」
と、言ってくれたんです。

わたしは、
「漫画のほうが分かりやすいかな?」と、
片岡ジョージさんの『コロナは概念』を母に貸したり、
ナカムラクリニックの中村先生のブログ記事
を送ったり…など、しました。

でも。

漫画やブログの感想を、母から聞くことはありませんでした。

何か思うところがあるなら母から話してくれるだろうと思ったので、わたしからは何も聞かず。

待ちの姿勢でいた結果、母からは、何の感想もなく。

その後、母の口から
「また沖縄(のコロナ陽性者数)が増えてきたね~。こわいね~。」
…というセリフを聞いたとき。

「うっわぁ…。全っ然、伝わってないんだ…!」

ということを、思い知ったんです。

(『コロナは概念』に書いてあったPCR検査のCt値の意味、分かった?
…なんて、突っ込めませんでした。)

その後は、
「コロナ茶番とワクチンの危険性に1ミリも気づいていない母が、打ってない状態のほうが不自然だよね…」
と、母に対して思うようになりました。

60代の母が、夫(←わたしの父)も兄弟姉妹もお友達もみーんな接種済みの中、1人だけ未接種でいる。

ワクチンの闇に、気づいているわけでもないのに。

ただただ、娘から
「様子みてね。」
と言われた、という理由で。

きっとお母さん、自分だけ打ってない状態に不自然さとか違和感を感じてるよね…。

そう思ったら、
「このままワクチンを打たずに過ごすことが、母にとって幸せなことなのかな?」
と、わたし自身、疑問に思うようになりました。

だからその後、間接的に、実は母が2回打ってると聞いた時、
「まぁ、そうだろうな…」
と、冷静でいられたんです。

わたしに言ってくれなかったことはすごくショックだったけど、
「母に言わせなかったのは、わたし自身のそれまでの言動の結果」
ということは明らかだったので、自分自身を省みることはあっても、母を責める気持ちにはならなかった。

「あの時、わたしの話を聞いてくれて、しばらくの間、様子を見てくれてありがとう」

そう思いました。

その時には、最初は泣いて止めたいくらいに切羽詰まっていたわたしが、冷静に受け止めることができるようになっていたんです。

「わたしの要求通りにすることが、お母さんの幸せではない」

そう思えるようになっていたから。

それは、母が「様子見」をしてくれていた期間がわたしにもたらしてくれたギフトだったと、
そう思っています。

お母さん、ありがとう。

アドラー心理学に、「課題の分離」ってありますね。

人間関係を円滑にするために有効な考えかたで、アドラーは
「親子こそ課題の分離が大切である」
と言っています。

ワクチンを打って、後遺症に悩むかもしれない。

悩まないかもしれない。

娘として、「わたしが思う幸せ」を母に受け入れてもらおうとしたけれど、それは「課題の分離」ができていなかったから。

ワクチン接種後にどんな健康状態になるのかは、

母の課題であって、わたしの課題ではない

ということなんだなと、いまは心から、そう思います。

(おかげさまで母はいまのところ、元気でいてくれてる^^)

課題の分離ができていないと、自分ではない他者にとらわれ、他者の人生を生きることにもなりかねません。

目覚めてるわたしたちは、このコロナ禍において、情報と価値観の分断が進んだことで、つらい思いをたくさんしてきましたよね。

でも、得たものもあるはずです。

自分にとって何が大切なのか。

こんな中でも、理解し合える人がいること。

神さまがいるとするなら、わたしたちに今、
「自分の人生を生きること」
の大切さを、教えてくれているのだと思います。

この世界を同じ視点で見ている人の存在は、わたしたちに希望と勇気を与えてくれます。

今こそ、つながりましょう♡

自分の人生を生きましょう♡

3/9のオンラインお茶会では、「自分の人生を生きる」につながる、ごきげんワーク♩も予定しています。

詳細はこちら

 ↓

まいちゃん 目覚めてるママのための♡ オンラインお茶会 - リザスト
パートナーシップ・夫婦問題|金運アップ|資産構築 斉藤麻衣子 愛とお金のコンサルタント まいちゃん

最後までお読みいただきありがとうございました。

ステキな週末をお過ごしください♡

まいちゃん

まいちゃん

愛とお金のコンサルタント

▷肯認学(こうにんがく)認定講師
▷資産構築アドバイザー
▷マネー講師
▷投資家
▷ファイナンシャルプランナー

▶活動
結婚生活・夫婦関係にお悩みをもつ女性が、「パートナーシップの悩み」と「お金の不安」から解放され、自分らしく豊かに生きるサポートをしています。

▶専門分野
▷パートナーシップ・夫婦問題(夫にイライラ、セックスレス、浮気、不倫、コミュニケーション等)
▷金運アップ、資産構築

・・・・・

◆2010年
7年の交際期間を経て、結婚♡
◆2011年
長女誕生
◆2013年
次女誕生

長女のイヤイヤ期がはじまった2012年頃、子育て暗黒期へと突入。
子どもたちにきつく接する「ガミガミ母さん」に豹変。
感情が爆発→自己嫌悪に陥る、を繰り返す日々を送る。

同時期、夫婦関係も急激に悪化。
ワンオペ育児で夫へのイライラが募り、
夫婦ゲンカが絶えなくなる。
夫は帰宅不安症に。

夫から
「まいちゃんは鬼嫁(おによめ※1)じゃない。嫁鬼(よめおに※2)だ。」
と言われたのもこの頃。

※1.鬼嫁(おによめ…鬼のような嫁。かろうじて人間。)
※2.嫁鬼(よめおに…嫁のような鬼。もはや人間ではない。)

◆2014年~
「夫婦関係も、母としてのわたしも、このままじゃダメだ!幸せになりたい!」と、一念発起。
育児書や心理学の本を読みあさり、子育てセミナーにも積極的に参加。
向き合うべきは「夫」でも「子ども」でもなく、「じぶん自身」であることを知る。

心の仕組みを学び、過去を癒し、自分を整え、言葉と行動を変えるトレーニングを続けたところ、夫婦関係と親子関係がみるみる改善。

「ガミガミ母さん」から「ニコニコ母さん」へ。
「嫁鬼」から「世界一の愛され妻♡」へと、華麗なる変身を遂げる。

◆2016年
公務員を辞め、自身の投資スキルと経験を活かし、資産構築アドバイザーとして起業。
東京→鳥取へ移住。

これまで400名以上の方へ資産構築の必要性と具体策をアドバイスしてきた。

多くの相談者の方々と接するなかで、お金とうまく付き合うためには
「お金の教養」だけでは足りず、「マインド」こそが重要で、お金と上手く付き合えるかどうかを決定づける大切な要素であることに気づく。

◆2019年
鳥取→福岡へ移住。

◆2020年
自分らしく豊かな人生を送るために必要な「マインド」と「お金の教養」。
この2つを同時に高めてクライアントの人生全体を底上げするコンサルタントになることを決意。

幸せになるための生命力を取り戻す「肯認学(こうにんがく)」を学び、
肯認学認定講師として活動を開始。

現在は、肯認学の教えと資産構築アドバイザーとしての経験・実績を「夫婦関係・パートナーシップ」の分野で活かし、女性たちが持って生まれた個性を輝かせ、豊かに幸せに生きるサポートを行っている。

趣味:テニス、温泉
好き:いちご、生姜、味噌、パクチー、日本酒、夫♡

まいちゃんをフォローする
HAPPY MINDイベント情報
まいちゃんをフォローする
まいこログ
タイトルとURLをコピーしました