夫婦仲をおびやかす夏のエアコン問題

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のコンサルタント・まいちゃんです。

初めましての方へ
わたしのプロフィールはこちら
↓ ↓ ↓
まいちゃんってこんな人

毎日毎日
暑いですねーーー汗

ここ福岡の
本日の最高気温は34℃!

溶けてしまいそうな
暑さです…。

とはいえ私、
エアコンつけっぱなし
というのが苦手でして。

すぐに手足が冷たく
なってしまうんですよね…泣

特に寝るとき!

✓何度に設定するか
✓冷房or除湿どっちにするか
✓タイマーor朝までつけっぱなし
✓タイマーするとしたら何時間後に切るのか
など…

→自分の中の「コレが快適♩」が
 なかなか見つからなくて
 夏真っ盛りの今も試行錯誤中です。

そしてこの時期。

夫婦仲をおびやかす原因に
なりがちなのが
エアコンの設定温度問題!!

■夫婦間で
体感温度差を感じることが【ある】
→77.9%

■エアコンの設定温度が原因で
夫婦げんかになったことが【ある】
→30.7%

(※ショップジャパン調査)

 ↑
とまぁ
こんな調査結果が
あるんですよ、奥サマ!

なんと3組に1組の夫婦が
エアコンの設定温度で
けんかしたことがある、と…!

一般的に
わたしたち女性よりも
男性の方が
快適だと感じる温度が
低い傾向にあります。

あなたも
旦那さんの快適温度に合わせていて
「寒っっっ!」ってなった…
という経験ありませんか?

わたしはめっちゃあります。

この夏も
夫の快適な温度(←26℃。理想は25℃だそう。)
に設定して夫婦で寝ていたところ、
わたしが夜中に寒すぎて目が覚める…
ということがありました。

目が覚めたら
手足が冷え切ってる
辛さといったら。。。泣

わたしの快適温度(27℃以上)にすると
暑い暑いと騒ぐ夫。

困ったねぇ…と話していたら
夫から

「たしか去年はこの時期だけ
まいちゃんは子どもたちと
一緒に寝てたよね?」

と言われ、目からウロコ!

(夫婦別室で寝る、という発想が
1ミリもなかったわたし。
去年はそうしてたらしいのに!←うろ覚え笑)

というわけでこの夏も
夫婦の寝室を別に
することにしました。

そしたら
めちゃ快適になったよ…!

夫婦の寝室を別にすると
スキンシップ不足や
セックスレスになることが
傾向としてありますが

それは私が
「夜這いに行く」→これで解決。笑

夫婦同室で寝ることよりも
【わたしが】快適に寝ることの方が
優先順位が高いですからね。

(良質な睡眠は
人生全体の質を上げますっ!)

エアコン設定温度で
旦那さんともめることがあったら
【自分の適温】を最優先して
過ごすことをおすすめします。

自分の【快】を大切にできていれば
相手の【快】も尊重できるからね。

そうそう、ちなみに…

「冷房をガンガン効かせて
布団にくるまって寝る夫に
イライラする」

というのも
この時期の妻に
ありがちな悩みです。

(鬼嫁だった過去のわたしが
まさにそう!

布団にくるまるくらいなら
設定温度下げれば良いやん!
って怒ってた。)

これはね~

気持ちは分かるんだけど
旦那さんを責めずに
彼の快適温度で
寝かせてあげてほしい~。
(って過去のわたしに言いたい~。)

そもそも
就寝時に冷房をつけるのは
身体を冷やすためじゃなくて
室温(湿度)を下げるため。

そうすることで
冷えた空気を吸い込むので
【呼吸】がラクになって
脳が休まるため、
良質な睡眠につながります。

【脳】にとっての適温と
【身体】にとっての適温が違うから

【脳】を優先して休んで
【身体】は布団にくるまって調整してる

という、
とっても理にかなった睡眠を
旦那さんはしているわけです!

エアコンの設定温度が
2~3℃くらい下がっても
一晩の電気代は
数十円くらいしか違わないはず。(←たぶん)

その金額で
旦那さんの快適な睡眠が
手に入るなら、

電気会社に対して、
エネルギー資源に対して、
家があってエアコンがあって…
という恵まれた環境に対して、

「ありがとうございます!」
の気持ちで
支払いをする方が、
お金も愛も循環しますよ♡

「夫が快適に過ごすことを
快く思えない」
というアナタ。

「そもそも夫婦別室も
セックスレスも長すぎて
夫とうまくいってません」
というアナタ。

よろしければこちらの相談室
お話きかせてくださいね。
 ↓

設定温度にしても
布団のかけ方にしても、

女性の“あたりまえ”と
男性のそれが違う
ということは
本当によくあります。

そこで衝突したり
イライラしたりするのは
もったいない。

自分も相手も大切にして

この暑~い時期を
仲良く快適に
乗り切りましょう☆

それでは、また!

まいちゃん

✓夫に対するイライラを何とかしたい!
✓自分を好きになりたい!
✓夫婦関係を良くしたい!

そんなあなたへ

夫婦関係を修復するためのノウハウは無料でネットにあふれていますが、どれだけ調べて試してみても、残念ながら状況が変わることはほとんどありません。
それどころか、情報量が多すぎて、かえって混乱してしまうことも…💦

自分のことは客観視しにくく、問題の原因を自分自身で見極めるのは、とても難しいからです。

夫婦関係を修復するキッカケになるのは、あなたが
「結婚生活でなにを大切にしたいのか」
を、知ること。

実はコレ、人によってけっこう違います。

「あぁわたしは、コレを大切にしたいんだな♡」

→あなた自身を知ること、
あなたが自分の「コレ!」を認識することが、
夫婦仲を良くするファーストステップになります。

たった一つの質問に答えるだけで、あなたの結婚タイプが分かる!
仲良し夫婦になるワンポイントアドバイスつき♡

無料タイプ診断はこちらから

 ↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 080.jpg
まいちゃん

愛とお金のコンサルタント

▷肯認学(こうにんがく)認定講師
▷資産構築アドバイザー
▷マネー講師
▷投資家
▷ファイナンシャルプランナー

▶活動
結婚生活・夫婦関係にお悩みをもつ女性が、「パートナーシップの悩み」と「お金の不安」から解放され、自分らしく豊かに生きるサポートをしています。

▶専門分野
▷パートナーシップ・夫婦問題(夫にイライラ、セックスレス、浮気、不倫、コミュニケーション等)
▷金運アップ、資産構築

・・・・・

◆2010年
7年の交際期間を経て、結婚♡
◆2011年
長女誕生
◆2013年
次女誕生

長女のイヤイヤ期がはじまった2012年頃、子育て暗黒期へと突入。
子どもたちにきつく接する「ガミガミ母さん」に豹変。
感情が爆発→自己嫌悪に陥る、を繰り返す日々を送る。

同時期、夫婦関係も急激に悪化。
ワンオペ育児で夫へのイライラが募り、
夫婦ゲンカが絶えなくなる。
夫は帰宅不安症に。

夫から
「まいちゃんは鬼嫁(おによめ※1)じゃない。嫁鬼(よめおに※2)だ。」
と言われたのもこの頃。

※1.鬼嫁(おによめ…鬼のような嫁。かろうじて人間。)
※2.嫁鬼(よめおに…嫁のような鬼。もはや人間ではない。)

◆2014年~
「夫婦関係も、母としてのわたしも、このままじゃダメだ!幸せになりたい!」と、一念発起。
育児書や心理学の本を読みあさり、子育てセミナーにも積極的に参加。
向き合うべきは「夫」でも「子ども」でもなく、「じぶん自身」であることを知る。

心の仕組みを学び、過去を癒し、自分を整え、言葉と行動を変えるトレーニングを続けたところ、夫婦関係と親子関係がみるみる改善。

「ガミガミ母さん」から「ニコニコ母さん」へ。
「嫁鬼」から「世界一の愛され妻♡」へと、華麗なる変身を遂げる。

◆2016年
公務員を辞め、自身の投資スキルと経験を活かし、資産構築アドバイザーとして起業。
東京→鳥取へ移住。

これまで400名以上の方へ資産構築の必要性と具体策をアドバイスしてきた。

多くの相談者の方々と接するなかで、お金とうまく付き合うためには
「お金の教養」だけでは足りず、「マインド」こそが重要で、お金と上手く付き合えるかどうかを決定づける大切な要素であることに気づく。

◆2019年
鳥取→福岡へ移住。

◆2020年
自分らしく豊かな人生を送るために必要な「マインド」と「お金の教養」。
この2つを同時に高めてクライアントの人生全体を底上げするコンサルタントになることを決意。

幸せになるための生命力を取り戻す「肯認学(こうにんがく)」を学び、
肯認学認定講師として活動を開始。

現在は、肯認学の教えと資産構築アドバイザーとしての経験・実績を「夫婦関係・パートナーシップ」の分野で活かし、女性たちが持って生まれた個性を輝かせ、豊かに幸せに生きるサポートを行っている。

趣味:テニス、温泉
好き:いちご、生姜、味噌、パクチー、日本酒、夫♡

まいちゃんをフォローする
パートナーシップ
まいちゃんをフォローする
まいこログ
タイトルとURLをコピーしました