円満夫婦のお互いの呼び方 おすすめは名前呼び♡

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のコンサルタント・まいちゃんです。

初めましての方へ
わたしのプロフィールはこちら
↓ ↓ ↓
まいちゃんってこんな人

あなたは結婚してから、お互いのことをなんて呼んでいますか?

恋人時代と同じように「名前そのまま」「名前+くん/ちゃん」「名前にちなんだニックネーム」だったり、子どもが生まれて「パパ・ママ」「お父さん・お母さん」に変化したりするなど、色んなパターンがありますよね。

実際のところは、夫・妻ともに、お互い「名前呼び」がトップ。

【リクルートブライダル総研 夫婦関係調査2021】
  ↓

■妻→夫の呼び方

■夫→妻の呼び方

夫婦円満を理想とするなら、わたしがおすすめするのはダンゼン
「名前(または名前にちなんだニックネーム)呼び)」
です。

理由は、名前を呼び合うことで、夫婦の間に愛の循環が起こるから。

どういうことかと言うと…

「言葉には言霊が宿る」といいますよね。

「言霊」とは、古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力のこと。

発した言葉どおりの状態を実現する力がある、とされています。

言霊には、わたしたちを幸せに導いてくれる「良い言霊」と、繰り返すほど生きづらくなっていく「悪い言霊」があります。

魂が喜び、運気が上がっていく「良い言霊」日常で繰り返すことは、円満な夫婦関係を築いていくうえでも、とても有効です。

夫婦円満につながる、良い言霊。

どんな言葉が思いつきますか?

「ありがとう」
「大好きだよ」
「しあわせだなー」

たくさんある良い言霊の中でも、最もパワーのある、あなたを幸せにしてくれる「最強の言霊」があるんです。

それが、
「あなたの名前」

「ありがとう」よりもパワフルで、あなただけに効果のある、最強の言霊なんです。

「自分の名前」は大切にして、意識的に口にするようにしたり、書く機会があるときは心を込めて丁寧に書いたりしてくださいね。

…ちょっと寄り道しましたが、話を「夫婦のお互いの呼び方」に戻します。

あなたにとって最強の言霊である、あなたの名前。

旦那さんにとって最強の言霊である、彼の名前。

それをお互いに呼び合うと、それだけで「相手に幸せを与える」ことになります。

また、呼ばれる方も、大切な人から発せられる「自分の最強の言霊」から、愛情という大きなエネルギーを受け取ることになります。

名前を呼び合うことが、夫婦の間に愛の循環を起こすことになるです。

ちなみにわたしは、夫から「まいちゃん」と呼ばれ、夫のことは「名前+くん」と呼んでいます。

子どもの前でもお互いの呼び方は変えません。

ただ、【子どもたちに対して】夫(妻)のことを話す時にだけ、「お父さん(お母さん)」と呼んでいます。

まいちゃん
まいちゃん

(子どもたちに対して)
お父さん、早く帰って来るといいね~♡

…というふうに。

それで今まで混乱したことは、ありません。

「パパ/お父さん」「ママ/お母さん」と呼び合うのがダメと言いたいわけではないし、名前呼びじゃなくても仲良しのご夫婦はたくさんいます。
(「パパ/ママ呼び」に憧れる新婚さんもいますしね。)

ただ、【子どもの立場から見た呼び方】である「パパ/お父さん」「ママ/お母さん」呼びを長年続けていると、【親という役割】の方に意識も現実も引っ張られていきます。

セックスレスになりがちなのも、「名前呼び」よりも「パパ/お父さん」「ママ/お母さん」呼びの夫婦の方が多いように思います。
(リサーチ結果はありませんが、セックスレスのお悩みを抱えている方々の実態として。)

あなたが夫婦関係を、「親としての役割を果たす」ことより「二人の間に愛を循環させる」ことを目指して築いていきたいなら、ぜひ「名前呼び」を採用してみてくださいね

ずっと続けている呼び方でも、「今の自分」が呼ばれたい(呼びたい)呼び方と違ってきたなら、「今さら恥ずかしい…」なんて思わずに、思い切って変えてみるのも一つの方法です。

最初は慣れなくても、大丈夫。

3週間もすれば慣れます!(←ほんとに)

さいごに。

ここまで呼び方についてお伝えしてきましたが、「どう呼ぶか」も大事です。

旦那さんの名前を呼ぶ時は、愛情をこめて、優しく。

最強の言霊のチカラが、さらにさらに、アップしますよ♡

まいちゃん

※参考文献
masa『神様とシンクロする方法

✓夫に対するイライラを何とかしたい!
✓自分を好きになりたい!
✓夫婦関係を良くしたい!

そんなあなたへ

夫婦関係を修復するためのノウハウは無料でネットにあふれていますが、どれだけ調べて試してみても、残念ながら状況が変わることはほとんどありません。
それどころか、情報量が多すぎて、かえって混乱してしまうことも…💦

自分のことは客観視しにくく、問題の原因を自分自身で見極めるのは、とても難しいからです。

夫婦関係を修復するキッカケになるのは、あなたが
「結婚生活でなにを大切にしたいのか」
を、知ること。

実はコレ、人によってけっこう違います。

「あぁわたしは、コレを大切にしたいんだな♡」

→あなた自身を知ること、
あなたが自分の「コレ!」を認識することが、
夫婦仲を良くするファーストステップになります。

たった一つの質問に答えるだけで、あなたの結婚タイプが分かる!
仲良し夫婦になるワンポイントアドバイスつき♡

無料タイプ診断はこちらから

 ↓

まいちゃん

愛とお金のコンサルタント

▷肯認学(こうにんがく)認定講師
▷資産構築アドバイザー
▷マネー講師
▷投資家
▷ファイナンシャルプランナー

▶活動
結婚生活・夫婦関係にお悩みをもつ女性が、「パートナーシップの悩み」と「お金の不安」から解放され、自分らしく豊かに生きるサポートをしています。

▶専門分野
▷パートナーシップ・夫婦問題(夫にイライラ、セックスレス、浮気、不倫、コミュニケーション等)
▷金運アップ、資産構築

・・・・・

◆2010年
7年の交際期間を経て、結婚♡
◆2011年
長女誕生
◆2013年
次女誕生

長女のイヤイヤ期がはじまった2012年頃、子育て暗黒期へと突入。
子どもたちにきつく接する「ガミガミ母さん」に豹変。
感情が爆発→自己嫌悪に陥る、を繰り返す日々を送る。

同時期、夫婦関係も急激に悪化。
ワンオペ育児で夫へのイライラが募り、
夫婦ゲンカが絶えなくなる。
夫は帰宅不安症に。

夫から
「まいちゃんは鬼嫁(おによめ※1)じゃない。嫁鬼(よめおに※2)だ。」
と言われたのもこの頃。

※1.鬼嫁(おによめ…鬼のような嫁。かろうじて人間。)
※2.嫁鬼(よめおに…嫁のような鬼。もはや人間ではない。)

◆2014年~
「夫婦関係も、母としてのわたしも、このままじゃダメだ!幸せになりたい!」と、一念発起。
育児書や心理学の本を読みあさり、子育てセミナーにも積極的に参加。
向き合うべきは「夫」でも「子ども」でもなく、「じぶん自身」であることを知る。

心の仕組みを学び、過去を癒し、自分を整え、言葉と行動を変えるトレーニングを続けたところ、夫婦関係と親子関係がみるみる改善。

「ガミガミ母さん」から「ニコニコ母さん」へ。
「嫁鬼」から「世界一の愛され妻♡」へと、華麗なる変身を遂げる。

◆2016年
公務員を辞め、自身の投資スキルと経験を活かし、資産構築アドバイザーとして起業。
東京→鳥取へ移住。

これまで400名以上の方へ資産構築の必要性と具体策をアドバイスしてきた。

多くの相談者の方々と接するなかで、お金とうまく付き合うためには
「お金の教養」だけでは足りず、「マインド」こそが重要で、お金と上手く付き合えるかどうかを決定づける大切な要素であることに気づく。

◆2019年
鳥取→福岡へ移住。

◆2020年
自分らしく豊かな人生を送るために必要な「マインド」と「お金の教養」。
この2つを同時に高めてクライアントの人生全体を底上げするコンサルタントになることを決意。

幸せになるための生命力を取り戻す「肯認学(こうにんがく)」を学び、
肯認学認定講師として活動を開始。

現在は、肯認学の教えと資産構築アドバイザーとしての経験・実績を「夫婦関係・パートナーシップ」の分野で活かし、女性たちが持って生まれた個性を輝かせ、豊かに幸せに生きるサポートを行っている。

趣味:テニス、温泉
好き:いちご、生姜、味噌、パクチー、日本酒、夫♡

まいちゃんをフォローする
パートナーシップ
まいちゃんをフォローする
まいこログ
タイトルとURLをコピーしました