夫が知らない妻が冷める原因5つ

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のコンサルタント・まいちゃんです。

初めましての方へ
わたしのプロフィールはこちら
↓ ↓ ↓
まいちゃんってこんな人

今回は、前回の記事「夫が冷める原因5つ」の、逆の視点から。

夫が気づきにくい、「妻が冷める原因」についてお伝えします。

妻が冷める5つの原因とは…!
 ↓

①話を聞いてくれない

スマホ見ながら耳だけ聞いていても、
「話を聞いている」
ことになりません!

女性は、体と気持ちを向けて、視線を合わせて、話を聞いてもらいたいんです。

②何度言っても分からない

「使っていない部屋の電気は消して」
「トイレットペーパーがなくなったら替えて」
「帰りが遅くなるなら連絡して」
「コレをされると嫌だからやめて」

前にも言ったこと、ずっと言い続けていること。

何度言っても変わらない。

何度言っても分からない。

女性はそんな時、自分の言葉や要求が、軽く扱われているように感じます。

「わたし、大切にされてないんだな。」

自分が大切にされていないように感じ、傷ついているんです。

夫にまだ期待があるうちは繰り返しますが、言わなくなったら…。

妻は深く傷つき、諦め、冷めてしまっているのかもしれません。

③すぐに動かない

「コレお願い~」

家事や子どものことを、夫にお願いしたとき。

「あとでやるわ」

そう返されるとイライラしてしまうのが、女性という生き物。

「あとでって、いつ?」
「今すぐにやってほしくてお願いしてるのに」

さらに、結局忘れてそのままやらなかった…なんてことになると、夫への信用がなくなっていきます。

結果、夫婦関係が冷めてしまうことに。

④家事・育児をしない

掃除、洗濯、食事作り、片付け、子どものこと…。

家事も育児もやることは多く、日々、続くもの。

自分は苦手だからと敬遠し、やってくれている妻に甘えっぱなしだったり。

「仕事して稼いでるんだから、家のことは妻がやるもの」という考えは、令和を生きている人とは思えないほど、時代遅れでカッコ悪い。
(信じられないことに、ごくたまーにいます。)

すべて自分一人でした経験、ありますか?

やったことがないなら、せめて、一人でやった場合を想像してみたことはありますか?

家事・育児の極端な負担によって、妻の心は冷めていきます。

⑤感謝・ねぎらいの言葉がない

家事・育児の負担感・大変さを伝えても、

「オレだってコレをやってる」
「オレも頑張ってる」

…そう言いたくなる気持ちも分からなくはないですが、そうじゃないんですよね💦

「いつもありがとう」
「頑張ってくれてるよね」
「本当に大変だよね」

妻は夫から、感謝とねぎらいの言葉がほしいんです。

思っていても言葉にしなければ、ないのと同じ。

「やってもらって当たり前」
夫がそう思っていると、妻が感じても仕方がないこと。

「オレだって頑張ってる」なんてアピールしなくても、妻をいたわり、感謝する気持ちが充分に伝われば、妻も「あなたも、いつも頑張ってくれてありがとう」と、夫に対する感謝とねぎらいを、素直に返せるようになります。

言葉は、女性にとって、とても大切。

「わたしのことを分かってくれてる」
「気持ちに寄り添ってくれる」

あぁ夫は、わたしのことを大事にしてくれているんだな。

「共感」を第一とする女性は、感謝とねぎらいの言葉で、心が満たされていきます。

夫のことを、
「無神経な人」
「人の気持ちが分からない人」
「妻を大切にできない人」
→こういう人なんだと決めつけてしまう前に、わたしたち妻にも、できることがあります。

✓男女の違いを知る

✓お互いが満足しやすくなるコツをおさえてコミュニケーションする

上記1~5のストレスが全部なくなるまでに、夫婦関係は変わります。(←体験済み)

もしあなたがいま、旦那さんにイライラすることが多かったり、夫婦関係がギクシャクしていたりするのなら、伸びしろしかない!ということ。

幸せをあきらめないでくださいね!

まいちゃん

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 079.jpg

✓夫に対するイライラを何とかしたい!
✓自分を好きになりたい!
✓夫婦関係を良くしたい!

そんなあなたへ

夫婦関係を修復するためのノウハウは無料でネットにあふれていますが、どれだけ調べて試してみても、残念ながら状況が変わることはほとんどありません。
それどころか、情報量が多すぎて、かえって混乱してしまうことも…💦

自分のことは客観視しにくく、問題の原因を自分自身で見極めるのは、とても難しいからです。

夫婦関係を修復するキッカケになるのは、あなたが
「結婚生活でなにを大切にしたいのか」
を、知ること。

実はコレ、人によってけっこう違います。

「あぁわたしは、コレを大切にしたいんだな♡」

→あなた自身を知ること、
あなたが自分の「コレ!」を認識することが、
夫婦仲を良くするファーストステップになります。

たった一つの質問に答えるだけで、あなたの結婚タイプが分かる!
仲良し夫婦になるワンポイントアドバイスつき♡

無料タイプ診断はこちらから

 ↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 080.jpg
まいちゃん

愛とお金のコンサルタント

▷肯認学(こうにんがく)認定講師
▷資産構築アドバイザー
▷マネー講師
▷投資家
▷ファイナンシャルプランナー

▶活動
結婚生活・夫婦関係にお悩みをもつ女性が、「パートナーシップの悩み」と「お金の不安」から解放され、自分らしく豊かに生きるサポートをしています。

▶専門分野
▷パートナーシップ・夫婦問題(夫にイライラ、セックスレス、浮気、不倫、コミュニケーション等)
▷金運アップ、資産構築

・・・・・

◆2010年
7年の交際期間を経て、結婚♡
◆2011年
長女誕生
◆2013年
次女誕生

長女のイヤイヤ期がはじまった2012年頃、子育て暗黒期へと突入。
子どもたちにきつく接する「ガミガミ母さん」に豹変。
感情が爆発→自己嫌悪に陥る、を繰り返す日々を送る。

同時期、夫婦関係も急激に悪化。
ワンオペ育児で夫へのイライラが募り、
夫婦ゲンカが絶えなくなる。
夫は帰宅不安症に。

夫から
「まいちゃんは鬼嫁(おによめ※1)じゃない。嫁鬼(よめおに※2)だ。」
と言われたのもこの頃。

※1.鬼嫁(おによめ…鬼のような嫁。かろうじて人間。)
※2.嫁鬼(よめおに…嫁のような鬼。もはや人間ではない。)

◆2014年~
「夫婦関係も、母としてのわたしも、このままじゃダメだ!幸せになりたい!」と、一念発起。
育児書や心理学の本を読みあさり、子育てセミナーにも積極的に参加。
向き合うべきは「夫」でも「子ども」でもなく、「じぶん自身」であることを知る。

心の仕組みを学び、過去を癒し、自分を整え、言葉と行動を変えるトレーニングを続けたところ、夫婦関係と親子関係がみるみる改善。

「ガミガミ母さん」から「ニコニコ母さん」へ。
「嫁鬼」から「世界一の愛され妻♡」へと、華麗なる変身を遂げる。

◆2016年
公務員を辞め、自身の投資スキルと経験を活かし、資産構築アドバイザーとして起業。
東京→鳥取へ移住。

これまで400名以上の方へ資産構築の必要性と具体策をアドバイスしてきた。

多くの相談者の方々と接するなかで、お金とうまく付き合うためには
「お金の教養」だけでは足りず、「マインド」こそが重要で、お金と上手く付き合えるかどうかを決定づける大切な要素であることに気づく。

◆2019年
鳥取→福岡へ移住。

◆2020年
自分らしく豊かな人生を送るために必要な「マインド」と「お金の教養」。
この2つを同時に高めてクライアントの人生全体を底上げするコンサルタントになることを決意。

幸せになるための生命力を取り戻す「肯認学(こうにんがく)」を学び、
肯認学認定講師として活動を開始。

現在は、肯認学の教えと資産構築アドバイザーとしての経験・実績を「夫婦関係・パートナーシップ」の分野で活かし、女性たちが持って生まれた個性を輝かせ、豊かに幸せに生きるサポートを行っている。

趣味:テニス、温泉
好き:いちご、生姜、味噌、パクチー、日本酒、夫♡

まいちゃんをフォローする
パートナーシップ
まいちゃんをフォローする
まいこログ
タイトルとURLをコピーしました