子どもの寝かしつけができない夫にイラッとする妻

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のコンサルタント・まいちゃんです。

初めましての方へ
わたしのプロフィールはこちら
↓ ↓ ↓
まいちゃんってこんな人

子どもの寝かしつけ、本当に大変ですよね。

わたしも産後は、寝かしつけや夜中の授乳で睡眠不足が続き、心身ともに限界を超えていました。

育休が明け、フルタイムで働き始めてからは睡眠時間がさらに少なくなったけれど、精神的には育休中のほうがきつかったなー。
(大人と話せないって、めちゃくちゃストレスなんですよね…。)

常に睡眠不足。
それでも毎日、家事・育児・仕事のタスクをこなさなきゃならない。

そんな時、旦那さんが子どもの寝かしつけだけでもしてくれたら、どれだけ助かるか。

でも…。

旦那さんの帰宅時間が遅かったり、
母親の寝かしつけじゃないと子どもが寝なかったり、
「俺じゃムリ」だと旦那さんが寝かしつけに消極的だったり。

なかなか妻の思うようにいかなかったりします。

中でも。

夫に寝かしつけをお願いしたら、
「パパ、寝た…」
と、子どもが起きてくる。

子どもよりも先に寝ている夫。

子どもに寝かしつけられてる夫。

そんな夫の寝顔を見て妻は
「はぁ?」
「なんで寝かしつけすらできないの?」

…と、殺意がわくんです。

殺意がわくんですよ。(←二回言ってみた)

そしてそれが何度も続くと、夫に対する不満や不信感はどんどん募っていきます。

「信じられない」
「親の自覚がなさすぎ」
「どういう神経してるの?」
「ほんっと頼りない人だな」

夫に対する気持ちがどんどん冷めていき、いつしか子育てのストレスよりも夫に対するストレスのほうが上回るように。

でも。
だけど。。。


ちょっと待ってー!

旦那さんを「できない夫(父親)」に認定するのは、ちょっと待ってほしいんです。

なぜなら。

旦那さんが子どもに寝かしつけられてしまうのは、無神経なわけでも、親としての自覚がないわけでもないから、です。

ちょっと考えてみてください。

人は、疲れていたら眠くなりますよね?
眠くなったら寝ちゃいますよね?

睡眠は、人間の3大欲求のひとつ。
当然のことだと思います。

でも、疲れているはずの、自分だって眠いはずのママたちは、どうして子どもの寝かしつけができるのでしょうか?

それは…
それをやってのける正体は…

ホルモンです。

産後のママは、ホルモンバランスの変化によって、いつも気が張っているような状態になっています

子どもに寝かしつけられる旦那さんがダメなのではなく。

心身ともにヘトヘトでも子どもの寝かしつけができてしまう、そんなママたちが、ちょっとすごすぎるモードに入っているわけなんですよ!

そして厄介なことに、この、産後のホルモンバランスの変化。

自律神経の乱れにもつながり、少しのことでもイライラするという症状まで引き起こしてしまいます。
(※母乳育児をしている場合は特に、ホルモンバランスの乱れが長引く傾向があります。)

あなたが旦那さんに厳しくなってしまうのは、ホルモンのせいなのかもしれません。

あなたのストレスを少しでも軽減させ、夫婦仲をギクシャクさせないために。

まずは、
「夫が子どもに寝かしつけられるのは自然なこと」だと認識する!
(本当に、どこの家庭でもあるあるです…。)

そのほうが、あなたの精神衛生上、きっと良いはずです。

具体的な対策としては、次の3つの選択肢を考えてみてください。

1.寝かしつけはママが担当する

子どもより先に寝てしまう旦那さん。
「父親とはそういうもの」と分かっていても、どうしてもイライラしてしまうなら…。
「寝かしつけをしてもらわない」選択がおすすめ。
あなたが寝かしつけている間、食事の片づけや食器洗い、洗濯などの家事を、旦那さんにやってもらうのが良いと思います。

2.時間を置いて再チャレンジする

子どもが「パパが先に寝られたから眠れない…」となっても、そのパターンがずっと続くわけではありません。
たとえば数週間~数か月後に同じような状況になった時、今度は「パパが寝たから寝るしかない」と、結果的に寝かしつけが成功するパターンもあります。
子どもは日々成長しているので、ちょっと時間をおいてから、再チャレンジしてみる価値あり!です。

3.寝かしつけは夫、と腹をくくる

「寝かしつけはパパがするもの」と決め、子どもにもそう伝え、家族一丸となって寝かしつけに挑む!笑
これはあくまでも、あなたの心理的ストレスにならなければ、の話です。
子どもが心配、夫にイライラする、など強いストレスを感じるようなら、寝かしつけはあなたがやった方が良いかもしれません。
(で、その他の家事を旦那さんにやってもらう。1のパターンですね。)

どれを選ぶにしても、
「ママのストレスが少ないもの」を選ぶ
のが、間違いないとわたしは思います。

また、状況や気持ちの変化に応じて変えていくのも◎。

産後のママって本当にすごいんです。

気をゆるめて…という方が難しいかもしれませんが、できるだけ自分をいたわって、あなたのストレスが少ない選択肢を選んでくださいね!

まいちゃん

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 079.jpg

✓夫に対するイライラを何とかしたい!
✓自分を好きになりたい!
✓夫婦関係を良くしたい!

そんなあなたへ

夫婦関係を修復するためのノウハウは無料でネットにあふれていますが、どれだけ調べて試してみても、残念ながら状況が変わることはほとんどありません。
それどころか、情報量が多すぎて、かえって混乱してしまうことも…💦

自分のことは客観視しにくく、問題の原因を自分自身で見極めるのは、とても難しいからです。

夫婦関係を修復するキッカケになるのは、あなたが
「結婚生活でなにを大切にしたいのか」
を、知ること。

実はコレ、人によってけっこう違います。

「あぁわたしは、コレを大切にしたいんだな♡」

→あなた自身を知ること、
あなたが自分の「コレ!」を認識することが、
夫婦仲を良くするファーストステップになります。

たった一つの質問に答えるだけで、あなたの結婚タイプが分かる!
仲良し夫婦になるワンポイントアドバイスつき♡

無料タイプ診断はこちらから

 ↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 080.jpg
まいちゃん

愛とお金のコンサルタント

▷肯認学(こうにんがく)認定講師
▷資産構築アドバイザー
▷マネー講師
▷投資家
▷ファイナンシャルプランナー

▶活動
結婚生活・夫婦関係にお悩みをもつ女性が、「パートナーシップの悩み」と「お金の不安」から解放され、自分らしく豊かに生きるサポートをしています。

▶専門分野
▷パートナーシップ・夫婦問題(夫にイライラ、セックスレス、浮気、不倫、コミュニケーション等)
▷金運アップ、資産構築

・・・・・

◆2010年
7年の交際期間を経て、結婚♡
◆2011年
長女誕生
◆2013年
次女誕生

長女のイヤイヤ期がはじまった2012年頃、子育て暗黒期へと突入。
子どもたちにきつく接する「ガミガミ母さん」に豹変。
感情が爆発→自己嫌悪に陥る、を繰り返す日々を送る。

同時期、夫婦関係も急激に悪化。
ワンオペ育児で夫へのイライラが募り、
夫婦ゲンカが絶えなくなる。
夫は帰宅不安症に。

夫から
「まいちゃんは鬼嫁(おによめ※1)じゃない。嫁鬼(よめおに※2)だ。」
と言われたのもこの頃。

※1.鬼嫁(おによめ…鬼のような嫁。かろうじて人間。)
※2.嫁鬼(よめおに…嫁のような鬼。もはや人間ではない。)

◆2014年~
「夫婦関係も、母としてのわたしも、このままじゃダメだ!幸せになりたい!」と、一念発起。
育児書や心理学の本を読みあさり、子育てセミナーにも積極的に参加。
向き合うべきは「夫」でも「子ども」でもなく、「じぶん自身」であることを知る。

心の仕組みを学び、過去を癒し、自分を整え、言葉と行動を変えるトレーニングを続けたところ、夫婦関係と親子関係がみるみる改善。

「ガミガミ母さん」から「ニコニコ母さん」へ。
「嫁鬼」から「世界一の愛され妻♡」へと、華麗なる変身を遂げる。

◆2016年
公務員を辞め、自身の投資スキルと経験を活かし、資産構築アドバイザーとして起業。
東京→鳥取へ移住。

これまで400名以上の方へ資産構築の必要性と具体策をアドバイスしてきた。

多くの相談者の方々と接するなかで、お金とうまく付き合うためには
「お金の教養」だけでは足りず、「マインド」こそが重要で、お金と上手く付き合えるかどうかを決定づける大切な要素であることに気づく。

◆2019年
鳥取→福岡へ移住。

◆2020年
自分らしく豊かな人生を送るために必要な「マインド」と「お金の教養」。
この2つを同時に高めてクライアントの人生全体を底上げするコンサルタントになることを決意。

幸せになるための生命力を取り戻す「肯認学(こうにんがく)」を学び、
肯認学認定講師として活動を開始。

現在は、肯認学の教えと資産構築アドバイザーとしての経験・実績を「夫婦関係・パートナーシップ」の分野で活かし、女性たちが持って生まれた個性を輝かせ、豊かに幸せに生きるサポートを行っている。

趣味:テニス、温泉
好き:いちご、生姜、味噌、パクチー、日本酒、夫♡

まいちゃんをフォローする
パートナーシップ
まいちゃんをフォローする
まいこログ
タイトルとURLをコピーしました