潜在意識が望んでいる、魂の成長

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のカウンセラー・さいとうまいこです。

初めましての方はこちらのプロフィールを
読んでいただけると嬉しいです。
↓ ↓ ↓
さいとうまいこってこんな人

年度末ですねー。
娘たちが通う小学校では、1年間の振り返りの時期。

この1年間で頑張ったことやできるようになったこと、楽しかったことなどをまとめたプリントを持ち帰ってきました。

小学1年生の次女の振り返りがね、すごく可愛いの~♡
一部抜粋。

★この1ねんかんで いちばんたのしかったことを かきましょう
 ↓

『わたしは、1ねんかんで、たのしかったことは、六年生と、いった、どんぐりひろいです。六年生と、いっしょにあるいたことと、どんぐりを、いっぱい、ひろったのが、いちばんたのしかたです。』

うんうん。
あの時は、持って帰ってきた大量のどんぐりを鍋で茹でて、中の虫が出てこないようにしたんだよね…。(母もがんばった!)

おうちで がんばったこと(ならいごと)
 ↓

『わたしは、ならいごとでテニスの、ほあが、できなかったけどおとうさんとれんしゅうしたらできました。』

ほあ!
テニスのほあ!

これってテニスの『フォア』(ラケットを持った手の側でボールを打つこと。次女は右側。)のことね!?

次女ちゃん、『フォア』のこと、『ほあ』だと思ってたのか~!
ほっこり…♡

ほかにも、
『けいさんが、にがてだったけど、れんしゅうしたら、できるようになりました。』とか、
『やさいがきらいだったけど、おかあさんがおうちで、やさいをだしてくれたから、やさいがすきになりました。』とか、
『たいいくで、きがえるのが、おそかったけど、おともだちと、はなさないで、きがえたら、はやく、きがえれるように、なりました。』とか。

小学1年生の1年間で、がんばったことやできるようになったことがいっぱい!

何よりも、そのことを次女が自分の言葉で、ひらがなとカタカナと漢字を使って書けるまでになってる。

本当に、1年間よくがんばりました!

努力や挑戦、成長していく姿って、私たちの心を打ちますよね。

自分の子どものことだけじゃなく、全くの他人事でも。

映画や小説に感動したり、スポーツなどに一心に打ち込む人の姿を見てジーンときたり。

これって、私たちの魂が、成長を求めているからだと私は思うんです。

できないことができるようになる。

うまくいかなくても諦めずにチャレンジし続ける。

今よりも未来、少しでも成長している自分になる。

そういう姿が人に感動を与えるのは、私たちが心の奥でそれを望んでいるから。

潜在意識は欲しているんですよ。
「もっと成長してほしい!魂を磨いてほしい!」って。

で。
私自身はこの1年で、頑張ったことやできるようになったことがどれだけあるかなーって考えてみました。

お金の専門家から一歩進んで、心理やパートナーシップの勉強を本格的に始めたこと。

メルマガを始めたこと。

ピアノを習い始め、弾けるようになったのが数曲。

掃除がキライだったけど好きになったこと。

こうやって挙げてみると、私、けっこう頑張ってる!

小学生の1年間の成長に比べると遠く及びませんが、1年前の私とはちょっと違っているみたいです。

あなたがこの1年で頑張ったこと、できるようになったことは何ですか?

他人ではなく過去の自分と比べてみて、1ミリでも成長した自分をほめてあげてくださいね♡

それではまた!

さいとうまいこ

※このブログはメルマガよりも少し遅れて掲載しています。
メルマガ限定記事、メルマガ読者さんだけの限定案内、最新情報等を受け取りたい場合はこちらから、公式メルマガにご登録ください。
 ↓

タイトルとURLをコピーしました