要注意!男女の会話はこうやってすれ違う

こんにちは。

「ありのままの私が大好き!」になる。
愛とお金のコンサルタント・まいちゃんです。

初めましての方へ
わたしのプロフィールはこちら
↓ ↓ ↓
まいちゃんってこんな人

先日、夫と長女(10才)の会話を聞いていて、

まいちゃん
まいちゃん

あー!
これ、男女の会話がすれ違う、超・典型パターンだー!

…と思ったことがあったので、ぜひシェアさせてくださいっ!

その日、友達とケンカして泣きながら帰ってきた長女。
(高学年女子、色々あります。)

長女は、外で嫌なことがあると

長女
長女

お父さん、お母さん、
聞いてーーーーー。(泣)

と、わりと何でも話してくれるんです。

わたしはひと通り話を聞いた後だったので、その後帰宅した夫に長女がまた同じ話をしていた時は、2人の会話を側で黙って聞いていました。

…途中までは。

それが、こんな会話。
 ↓

長女
長女

それでね、あーでね、こーでね。
すっごく嫌だったんだよー!

夫

うんうん。
あー、それは最初からこうすれば良かったんじゃない?

長女
長女

まぁそうなんだけどさ…。
でもその時はさぁ…。

夫

そしたら今度からは、こうすれば良いんじゃない?

長女
長女

うーん、
まぁそうなんだけどさ…。
でね、それでね、、、

夫

うんうん、

それはそうしたほうが良いね!

 ↑

こんな流れを何度か繰り返していたんです。

あなたは、この時の夫の返し、どう感じますか?

長女
長女

イヤなことがあったのー。(泣)

と、自分の身に起こった悲劇とその時の気持ちを聞いてもらいたい時に、

夫

こうすれば良かったんじゃない?

次からは、こうすれば良いんじゃない?

と、アドバイスを連発されるんです。

長女
長女

この人、わたしのこと分かってくれない…。

って、なりません??

これ、今回は父と娘の会話でしたが、夫婦の間でもめちゃくちゃ頻繁に起こる、男女の会話が完全にすれ違っちゃってるパターンなんです。

なのでわたし、

まいちゃん
まいちゃん

ちょっと待ったー!

と、2人の間に割って入りました。

妻(まいちゃん)→夫へ

まいちゃん
まいちゃん

夫くん、その聞きかた、わたしがいつも違うよって言ってるパターンだよ!

長女ちゃんはただ聞いてもらいたいだけだから。

アドバイス求めてないから。

そっかー辛かったね、ってヨシヨシしてもらいたいだけだから!

母(まいちゃん)→長女へ

まいちゃん
まいちゃん

長女ちゃん、お父さんが自分の気持ちを分かってくれないように感じたかもしれないけど、お父さんに悪気はないからね。

男の人はわたしたちと違って、良かれと思ってアドバイスしてくるの。

男の人にただ話を聞いてほしいだけの時は、それを言っておかないと相手は分からないんだよ。

“ただ聞いてほしくて話してるよ、アドバイスはいらないからね”って。

→2人とも、「ほほーう」となり。その後の会話は、とてもいい感じに♩

この、男女の会話のすれ違い。
夫婦間で、ものすごく頻繁に起こります。

このパターンが何度も続くと、女性側は

夫はわたしの気持ちを分かってくれない。
もういい!
夫には話さない!!

と、なります。

男性側はというと…

どんどん不機嫌になっていく妻、

あなたは話が通じない!(怒)

と怒り出す妻に、

? ? ? ?

…って、なります。

男性は、わたしたち女性が話をする時に
「ただただ共感してもらうこと」
を求めているなんて、1ミリも思っていません。

なぜなら、男性が悩み事や泣き言を人に話すときは、「アドバイスをもらいたいとき」だから。

自分がそうだから、相手もきっとそうだろうと反射的に考え、あれこれアドバイスする。

相手のために。

よかれと思って。

それが女性をイラつかせ、
「この人、わたしのこと分かってくれない」
と、悲しい思いをさせているなんて夢にも思わずに。

そして女性側も、あれこれアドバイスしてくるのが男性の「あたりまえの振る舞い」だとは夢にも思わずに、

この人とはまともにコミュニケーションが取れんわ!(怒)

と、夫に「人の気持ちが分からない人」というレッテルをはったり、夫婦の会話を楽しむことを諦めてしまったり、、、してしまうんです。(泣)

どっちも悪くない!

男性側も女性側も、どっちも悪くないんです!

ただお互いが、男女の違いを知らないだけ。

知っていれば簡単に回避できる事故なんです。

どうやってこの事故を回避するかというと…。
めちゃくちゃシンプルです!

長女との会話をとめてわたしが夫にしたように、

女性が、男性に教えてあげる!

これだけ。

本当にこれだけで解決するので、ぜひともやってみてください。

「女性って、
相手に共感してほしくて話をするの。

“つらかったね”とか
“イヤだったね”とか
“悲しかったね”とか言って、
寄り添ってくれるだけでいい。

アドバイスはいらないから、
“そうだったんだね”って言いながら
話を聞いてね。」

…と、男性に伝えてみてください。

もしかしたら最初は

えーーー?
そうなの?

と、戸惑うかもしれません。

でも、

言われたとおりに話を聞いたら、
妻が喜んだ!
笑顔になった!
本当に効果があった!

ということを経験すると、男性側も、女性の知らなかった部分を理解してくれるようになります。

こんな風に聞いてくれたら、女性(わたし)は嬉しいんだよ。

 ↑

これを相手に伝えておくだけで、夫婦の会話を通してあなたが感じる満足度は劇的に高まります。

彼の「聴くチカラ」は、あなたが教えてあげなければ育ちません。

あなただからこそ、彼を
「聴き上手」
「受け止め上手」
「会話上手」

な男性に、育ててあげられます。

ちょっとしたコツを使って、彼との会話を楽しんでくださいね♡

まいちゃん

【公式メルマガ】
愛もお金も引き寄せて、自分らしく豊かな人生を送りたいあなたへお届けする、無料メルマガです。
このブログよりもさらに突っ込んだ話や、開催予定の講座・イベントなど、最新情報がゲットできます♪
ご登録はこちらから
 ↓

まいちゃん

愛とお金のコンサルタント

▷肯認学(こうにんがく)認定講師
▷資産構築アドバイザー
▷マネー講師
▷投資家
▷ファイナンシャルプランナー

▶活動
結婚生活・夫婦関係にお悩みをもつ女性が、「パートナーシップの悩み」と「お金の不安」から解放され、自分らしく豊かに生きるサポートをしています。

▶専門分野
▷パートナーシップ・夫婦問題(夫にイライラ、セックスレス、浮気、不倫、コミュニケーション等)
▷金運アップ、資産構築

・・・・・

◆2010年
7年の交際期間を経て、結婚♡
◆2011年
長女誕生
◆2013年
次女誕生

長女のイヤイヤ期がはじまった2012年頃、子育て暗黒期へと突入。
子どもたちにきつく接する「ガミガミ母さん」に豹変。
感情が爆発→自己嫌悪に陥る、を繰り返す日々を送る。

同時期、夫婦関係も急激に悪化。
ワンオペ育児で夫へのイライラが募り、
夫婦ゲンカが絶えなくなる。
夫は帰宅不安症に。

夫から
「まいちゃんは鬼嫁(おによめ※1)じゃない。嫁鬼(よめおに※2)だ。」
と言われたのもこの頃。

※1.鬼嫁(おによめ…鬼のような嫁。かろうじて人間。)
※2.嫁鬼(よめおに…嫁のような鬼。もはや人間ではない。)

◆2014年~
「夫婦関係も、母としてのわたしも、このままじゃダメだ!幸せになりたい!」と、一念発起。
育児書や心理学の本を読みあさり、子育てセミナーにも積極的に参加。
向き合うべきは「夫」でも「子ども」でもなく、「じぶん自身」であることを知る。

心の仕組みを学び、過去を癒し、自分を整え、言葉と行動を変えるトレーニングを続けたところ、夫婦関係と親子関係がみるみる改善。

「ガミガミ母さん」から「ニコニコ母さん」へ。
「嫁鬼」から「世界一の愛され妻♡」へと、華麗なる変身を遂げる。

◆2016年
公務員を辞め、自身の投資スキルと経験を活かし、資産構築アドバイザーとして起業。
東京→鳥取へ移住。

これまで400名以上の方へ資産構築の必要性と具体策をアドバイスしてきた。

多くの相談者の方々と接するなかで、お金とうまく付き合うためには
「お金の教養」だけでは足りず、「マインド」こそが重要で、お金と上手く付き合えるかどうかを決定づける大切な要素であることに気づく。

◆2019年
鳥取→福岡へ移住。

◆2020年
自分らしく豊かな人生を送るために必要な「マインド」と「お金の教養」。
この2つを同時に高めてクライアントの人生全体を底上げするコンサルタントになることを決意。

幸せになるための生命力を取り戻す「肯認学(こうにんがく)」を学び、
肯認学認定講師として活動を開始。

現在は、肯認学の教えと資産構築アドバイザーとしての経験・実績を「夫婦関係・パートナーシップ」の分野で活かし、女性たちが持って生まれた個性を輝かせ、豊かに幸せに生きるサポートを行っている。

趣味:テニス、温泉
好き:いちご、生姜、味噌、パクチー、日本酒、夫♡

まいちゃんをフォローする
パートナーシップ家族
まいちゃんをフォローする
まいこログ
タイトルとURLをコピーしました